​コンサルティング事例

地方銀行へのコンサルティング事例

関連各部の中核メンバーが一つのチームとなり、「今感じている銀行の課題」の共有、「将来ありたい姿(ビジョン)とアクション」に対する共通認識を複数回のワークショップにより醸成

 

各事業の統括責任者(執行役員クラス)を一堂に会し、ビジョンとアクションに対する説明、フィードバックを経て、合意形成を実施​

 

報告資料をとりまとめ、頭取/取締役向け報告会を実施。頭取/取締役との複数回の意見交換を経て、ビジョンとアクションのアップデート、アクションの実現化に向けたロードマップを策定

1/1